院内紹介

ホーム > 院内紹介

院内紹介

受付・お会計

【受付・お会計】
  • 【受付・お会計】
  • 【受付・お会計】
  • 【紙タオル】雨を拭くのにお使いください。
  • 【ペン立て・老眼鏡・診察券置き】

待合室

【待合室】
  • 【待合室】
  • 【待合室】
  • 【観葉植物】
  • 【本棚】 最新の色々な雑誌、週刊誌、絵本、そーなんだ(子供用科学・歴史読み物)を置いています。御自由にお読みください。

診察室

【診察室入口】
  • 【診察室入口】
  • 【診察室】
  • 【診察室】
  • 【細隙灯顕微鏡】顔をあごあてにのせ目の拡大像を写し出して調べます。まぶた、角膜(黒目の表面)、結膜(白目の表面)、虹彩(茶眼)、水晶体(レンズ)などの傷や炎症、そして緑内障、白内障、眼底疾患など、多くの目の病気が診断できます。
  • 【電子カルテ、テレビモニター】
  • 【生物顕微鏡】眼脂(目やに)、角膜細胞、結膜細胞を採取し、病気の原因(アレルギー性、感染性等)病原菌(細菌、真菌、クラミジア、アメーバ、ウィルス等)を詳しく検査できます。

検査室

【検査室】
  • 【メガネケース】

    メガネケース

  • 【角膜形状解析検査】角膜の形状を精密に解析する検査です。

    角膜形状解析検査

  • 【ワック】雲霧(うんむ)法と言う効果を基本原理としており、ゲームや読書等で近くに順応した目の緊張を緩和させ、遠くに順応させる器械です。検査器の中の美しい立体風景を5分眺めるだけで、遠くの風景を長時間眺めているのと同じだけの効果があります。

    ワック

  • 【オートレフケラト/トノメーター】最新の光学技術を用いた測定装置で、1台でメガネを作る時の視力検査「他覚式屈折力測定」、コンタクトレンズを作る時の検査「角膜(黒目)形状測定」、緑内障の検査に欠かせない「非接触眼圧測定」の3つの検査が移動なしで行えます。

    オートレフケラト
    /トノメーター

  • 【視力計】ひらがな、ランドルト環、英字、数字、絵の5種類の視力チャートを表示することが可能で、お年寄りの方から子供さんまで、さまざまな患者様をスムーズに測定できる、まったく新しいタイプの視力表です。

    視力計

  • 【ハンフリー視野計】視野検査は眼疾患や視神経疾患の早期発見及び治療を決定する上で1つの指針となります。特に緑内障においては、視野狭窄・欠損の検出・確認及び治療の効能を評価する上で欠かす事のできない重要な検査です。

    ハンフリー視野計

  • 【スペキュラーマイクロスコープ】角膜(黒目)の内側の「角膜内皮」という細胞を撮影し、その数、大きさ、形を測定する検査器械です。「角膜内皮」は水分コントロールを担っており、角膜内皮細胞の減少は、「水疱性角膜症」という病気につながります。それゆえ、角膜の透明性を維持するため、「角膜内皮」の状態を検査することは大変重要なことです。 コンタクトレンズの長期装用による角膜の酸素不足の影響を調べたり、白内障などの眼科手術の術前術後の評価に必須の検査です。

    スペキュラーマ
    イクロスコープ

  • 【OCT】新しい眼底観察・解析機器です。従来では診断が困難であった疾患の診断精度が向上し、治療前後で評価がより詳細に行えるようになりました。 眼底病変をCTやMRIのような断層画像データとして提示できるようになり、黄斑疾患や緑内障の病気に対する理解を深めていただくことが可能となります。 検査は非侵襲であり、全く目に負担がなく、痛みや眩しさはありません。検査時間も短時間で終わります。

    OCT

  • 【スポットビジョンスクリーナー】協力が得られず検査が難しい小さなお子さんでも、近視・遠視・乱視・瞳孔不同・斜視等の視機能を検査することができます。6カ月以降の乳幼児から検査可能で、瞬時に、ちょうど写真を撮るような感じで、両眼の検査を行なえます。

    スポットビジョン
    スクリーナー

化粧室

【化粧室】
  • 【化粧室】

カフェコーナー

【カフェコーナー】
  • 【カフェコーナー】
  • 【カフェコーナー】お茶、コーヒー、紅茶、の用意があります。
  • 【ミネラルウォーター】南アルプス天然水です。